<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

目が痛い

色々疲れがでているのか 目 が痛痒いので眼科へ行って来ました。

アレルギーが強く3種類目薬を出してもらいしばらくコンタクトは使わない方がよいと診断され
えー メガネ か!ちょっと不便だなァ~


〔頂き物〕
e0127622_2155160.jpg
e0127622_2161327.jpg
e0127622_217449.jpg
e0127622_2171549.jpge0127622_2164113.jpg
[PR]

by 53sweetpea | 2009-11-28 18:33 | 日々の暮らし

クリスマスリース

シルクフラワーでクリスマスリースを作りました。
e0127622_1125750.jpg

とても素敵に出来上がり満足です。


〔ラウンドブーケ〕
e0127622_1293974.jpg

丸くするのが苦手!・・・・・
[PR]

by 53sweetpea | 2009-11-21 17:56 | プリザーブドフラワー

パッチワーク

[遊芽展]
2009年11月13日~11月17日
お天気が心配されてましたが晴れて暖かく盛大に開催されました。

私の作品を40年来の友人達が観に来て下さり久しぶりにテンション高く?良い時を過ごしました。  
母に観てもらえなかった事は残念でした002.gif(3年前は来てくれたけど)

                          爛漫
e0127622_1426149.jpg

                     


e0127622_1514657.jpg
e0127622_15185950.jpg

e0127622_15204258.jpg

[PR]

by 53sweetpea | 2009-11-15 23:46 | パッチワーク

お留守番


e0127622_0583450.jpg


父と妹が両親の郷里(香川)へお墓参りに行きました。
私も行く予定をしていたのですが母が気がかりなので取りやめました。


その香川に短大時代の友人が暮らしているので会うことにしていたので残念でした。

趣味で陶芸を熱心にやっているらしく素敵なプレゼントを頂きました。

福来る 可愛い’ふくろう’の豆電球。

寝室に置くことに!  笑っている フクロウ  友人に似ている(笑)  
ありがとうね!
e0127622_130571.jpg

[PR]

by 53sweetpea | 2009-11-07 18:23 | プリザーブドフラワー

インフルエンザ

インフルエンザが流行していますね008.gif
お仕事仲間も新型にかかった人もいて大変です!

毎日うがい手洗い
e0127622_062614.jpg


季節型インフルエンザの予防接種をしました。
チクット刺して 痛い~
e0127622_09825.jpg

[PR]

by 53sweetpea | 2009-11-05 21:57 | 日々の暮らし

沈まぬ太陽

カレンダーもあと2枚となってしまいました。
今日から11月。

昨日オットと’映画行こう’と話していたら娘も行きたいとの事で今日はファーストデイなので1000円である事に気がつき混雑が予想されるので娘がネット予約してくれた。

[人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。
e0127622_0403915.jpg

組織への不満に泣き寝入りすることなく主張を貫く。
そんな恩地さんの姿は、賛同する仲間からは正義として受け入れられ、
会社からは目障りな存在とされていきます。

これでもかと理不尽な辞令を課せられても、恩地さんは異動を受け入れます。
また夫の選択にぽつりと不満を洩らしながらも、一緒についていく妻や子供たち。
親が異動になる度に、友達と離れ離れになってしまったり、
新しい環境に慣れなくてはいけない生活。
そんな、妻や子達の苦労などには目もくれず、
他人の寂しさよりひたすら自分や、会社と戦い続けるビジネスマン。

出世街道をひたすら突き進むエリート。
私個人はそのような人に決して魅力は感じません。 が
そういう生き方を選んだ本人の意思は、尊重すべきだと思っています。
仕事している以上、昇進したいと上を目指すのが男というもの。
行天さんの様な生き方が悪いわけではない・・・

人それぞれの人生です。

現代に生きる若者は恩地さんは何で会社辞めないのだろう・・・と思うであろうが終身雇用制の考え方が根強い私は彼の生き方をひそかに応援しました。
そして後に息子が成長して父親の生き方を理解している処がとても微笑ましくいい感じで描かれていました。

昔勤めていた会社の労働組合の事やらジャンボ機墜落の事故の時の
我が家の事など思い出したりで(仙台在住)
昭和50年代に社会へ出て家庭を持った私には受け入れられる映画であった。
規模こそ違うがわがオットもあちらこちら(国内)に飛ばされた身。一緒について行った私と娘。大変でした(笑)
[PR]

by 53sweetpea | 2009-11-01 20:19 | 日々の暮らし