旅立ちの春  (TV Special  Reportより)

JR福知山線の脱線事故から3年。
事故発生から22時間後奇跡的とも言える最後の生存者となった若者がこの春大学を卒業。新たな一歩ふみだす。

不自由な身体になったがくじけずリハビリを続ける姿、入院中も休学をしないで仲間達と一緒に卒業をめざし、兵庫県の実家を離れ京都の大学の近くで一人暮らし、若者の強い精神力、ご両親の想い、友人達のささえ、などの映像をみてとても感動しました。
若者は4月からは就職が決まり東京での一人暮らしだそうです。

若者曰く
「自分は生かされた命だからこそ、その人達の分までとはいえないですけど、
 本当に自分自身が納得のいくような道を歩めたらいいなというふうに思ってます」 と 。

夫婦で’涙’でした。

この日は私の友人が他界した日でもある。あれからもう3年・・・  
[PR]

by 53sweetpea | 2008-03-29 23:39