塩船観音寺

今日は朝から小雨。午後からは本格的な057.gif
昨日報道ステーションで紹介されていてとってもきれいだったので是非行ってみたくなったのでオットに頼むと
「車混むかなぁ~」と言いながら支度始めたので001.gifやったぁ!
青梅までは1時間半くらいかなぁ~?
e0127622_9585527.jpg


e0127622_1011832.jpg


e0127622_1013254.jpg


e0127622_1023827.jpg


e0127622_1025812.jpg


e0127622_1033145.jpg


e0127622_1042730.jpg


e0127622_105276.jpg


e0127622_1054166.jpg


塩船観音寺の由来
 山号を 大悲山 と称し、寺は地名の塩船を付けて『大悲山塩船観音寺』と言われている。
 塩船とは、周囲の地形が小丘に囲まれ、舟の形に似ており、仏が衆生を救おうとする大きな願いの舟である 『弘誓の舟』になぞられて塩船と名づけられたそうです。
 大化年間(西暦645~650年)に若狭国の八百比丘尼が一寸の紫金の千手観音を当寺に安置したのが開
 山と伝えられ、貞観年間(859~877年)には安然和尚が十二の坊舎を建て興隆を極めたと伝えられてい
 る。

この季節 塩船の観音様とも花の観音様とも言われ境内には一万七千本のつつじが植えられ見事満開でつつじ祭りが開催されてとても賑わっていました。

車もスイスイ行けて小雨・曇り空で何とか傘もささずお花見出来てよかったです。
[PR]

by 53sweetpea | 2009-05-05 21:46 | 日々の暮らし